トップページ | 連結送水管とは

連結送水管とは

連結送水管とは、高層ビルや地下街などに設置される消防活動上のための設備です。
高層ビルなどの火災では、ハシゴ付消防自動車などによる外部からの注水では建物内部の消火活動に限界があり、また、消防ポンプ自動車からホースを延長するのが難しいため、建物内部に配管設備と放水口を設けたものが連結送水管です。

連結送水管の設置対象

連結送水管は以下の内容で、設置対象が定められています。

(施行令第29条・施行規則第31条)
連結送水管、放水口を必要とする建築物

  1. 地階を除く階数が、7以上の建築物。
  2. 地階を除く階数が、5以上で、延べ面積が6000u以上の建築物。
  3. 地下街は1000u以上。
  4. 重要文化財等の建築物は上記1、2と同じ。
  5. 延長50m以上のアーケードは全部。

高層ビルには連結送水管の設置が義務付けられているということを説明したイメージ画像です

連結送水管の設置基準

  1. 放水口は建築物の3階以上、又は地階に設ける。
  2. その階の各部分から1の放水口までの水平距離は50m以下、アーケードは25m以下とする。
  3. 放水口の設置場所は、消防隊が有効に消火活動を行なうことが出来る位置に設ける。
  4. 主管径100A以上とする。
  5. 送水口は双口形とする。
  6. 11階以上の部分に設ける放水口は、双口形とし放水用器具を格納した箱を設置する。
  7. 送水口及び放水口には見やすい箇所に標識を設ける。
  8. 送水口のホース接続口は、地盤面からの高さが500mm以上、1000mm以下の位置に設ける。
  9. 放水口のホース接続口は、床面からの高さが500mm以上、1000mm以下の位置に設ける。
  10. 配管は専用とする。(ただし、連結送水管の性能に支障を生じない場合はこの限りでない)

新設時の試験

消防用設備等の設置者(工事会社等)は完成時、消防署の設置検査を受けます。連結送水管については従前は消防署が必要に応じてポンプ車を出動させ放水等の性能試験を実施していました。

1980年代、当時「民間活力の導入」という行政の流れに応じて、ポンプ車による耐圧・放水等の性能試験が設置者の責任の下、実施されるようになり、当社をはじめ試験実施会社が設置者から委託され実施するようになり今日に至っています。

1980年代以前は消防署による性能試験を実施いていたが、その後民間業者へ委託されるようになったということを説明したイメージj画像です

その間、当社は率先して低料金化に努めサービスの向上を図り、お蔭様で首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)を主なエリアとして近年は試験需要の80%以上を当社で実施しています。

連結送水管の放水等試験の内容はこちらから

既存設備の耐圧性能点検

設置された連結送水管は消防用設備として法定の定期点検が義務付けられていましたが、外概点検がその主な内容であり、配管の老朽化等に伴う潜在的な欠陥は見過ごされてきました。

その結果、いざ火災の際に古い建物では連結送水管が有効に使えない事態が発生しました。このような状況に鑑み、2002年3月に消防法令が改正され、既存の連結送水管について、設置後10年を経過した物件についてはポンプ車等による耐圧性能点検が義務付けられました。

定期点検をしないと、配管の老朽化などにより、いざ火災の時に使用できない、ということを説明したイメージ画像です

その結果、建物の所有者などに最終的な費用負担が強いられる訳ですが、具体的には各建物の消防設備の保守点検会社等から依頼を受け、私共耐圧点検専門会社が実施しています。

連結送水管・消防ホース 耐圧性能点検の内容はこちら

ページトップへ

  • 連結送水管とは
  • 耐圧性能点検(10年経過建物)
  • 放水等試験(建物竣工時の試験)
  • お申込み(耐圧性能点検)
  • お申込み(放水等試験)
  • お申込み(申請書類作成)


こちらのサイトは
お客様の個人情報を
SSLにより暗号化しています