トップページ | 耐圧性能点検(10年経過建物)

耐圧性能点検(10年経過建物)

高層ビル等に設置される連結送水管は、火災の際、消防隊が使用する設備です。いざという時に、支障なく消火活動が出来るように、配管の誤接続・漏水・バルブのゆるみ・離脱・損傷等がないように、確実な事前チェックが義務付けられています。

連結送水管は高層ビル等が火災の際、消防隊が使用する設備ということを説明したイメージ画像です

【消防法令の改正】

消防法第17条の3の3の規定(消防用設備等の点検及び報告)に基づき、消防庁告示が改正され(平成14年3月12日公布、平成14年7月1日施行)その結果、連結送水管及び消防ホースについては、従来の外観点検に加え耐圧性能点検が義務付けられました。

耐圧性能点検の特長

当協会は耐圧性能点検について東京消防庁から技術指導を受けており、点検要領に基づき適正な点検を実施しています。
試験用車両は定期的に性能が確認されたA−2級の水槽付ポンプ自動車を使用しています。
測定器具は高圧の耐圧試験圧力に対応した規格機器により構成されており、安全かつ確実な試験が可能です。

試験実施者は点検実施マニュアルに基づき、消防設備士、点検資格者等の消防技術者が担当します。試験結果は試験実施後、当日“試験結果書”及び“耐圧性能点検済証”を建物関係者に交付します。この“試験結果書”は“連結送水管点検結果報告書”(別記様式第20)に添付して必ず消防署に提出してください。

万一の事故の場合試験・点検中に水損・人身などの災害が生じた場合には、当社過失の有無に関わらず損害賠償保険が適用されますから安心して御利用いただけます。

連結送水管の点検時期

点検時期

設置後、10年を経過したものに付き、3年毎に実施。

点検基準

送水口から動力消防ポンプ又はそれと同等の試験を行うことができる機器を用いて送水した後、締切静水圧を3分間かけて確認する。

判断基準

送水口本体・配管・接続部分・弁類等の変形、漏水等がないこと。

連結送水管の点検手順

1.耐圧性能点検の準備

建物関係者と打ち合わせを行い図面と照合し、配管経路と弁類の位置、築年数などの設備概要を確認します。

連結送水管の送水口付近に試験車(2tまたは4t)を配置します。各階の放水口及び弁類の開閉状況を確認します。

株式会社消防試験協会の試験車のイメージ写真です

2.空気圧予備試験
  • 建物の用途や配管状況によって充水、加圧する際に水損が懸念される場合、あらかじめ空気圧予備試験を行い配管に漏れがないことを確認します。
  • 送水口と屋上放水口(または最も遠くに位置する放水口)に圧力計を取り付けます。
  • 送水口と試験車に搭載されているエアコンプレッサを接続します。安全対策としてホースブリッジ・安全標識を設置します。
  • 送水口からエアコンプレッサにより徐々に空気を注入し、加圧していきます。
  • 一定の圧力(0.2MPa〜0.3MPa)に達したら3分間圧力を保持し減圧・漏洩がないことを確認します。
  • 放水口または排水弁から排気し、配管内の余分な圧力を抜きます。
3.耐圧性能点検
  • 耐圧性能点検中に減圧・漏水などの異常がみられた場合、状況に応じて漏水箇所の確認・緊急排水・点検の中止を行います。
  • 送水口と屋上放水口(または最も遠くに位置する放水口)に圧力計を取り付けます。
  • 送水口と試験車をホースで接続します。安全対策としてホースブリッジ・安全標識を設置します。
  • 送水口から試験車にて水頭圧より高い値まで徐々に加圧し、減圧・漏水の有無を確認しながら屋上で空気抜きを行います。
  • 送水口から試験車にて徐々に送水し0.1MPa毎に漏水の有無を確認しながら設計送水圧力まで加圧します。
  • 所定の圧力に達したら3分間圧力を保持し減圧・漏水がないことを確認します。
  • 放水口または排水弁から排水し、配管内の余分な圧力を抜きます。
  • 各弁類を適正な状態に復旧します。
4.区間耐圧

連結送水管が屋内消火栓と兼用配管である場合は、送水口から直近の仕切弁までの区間耐圧を実施します。区間耐圧にすることで全体耐圧を行う場合に比べて水損などのリスクを低減することができます。

  • 送水口直近の仕切弁を閉止します。
  • 送水口と試験車をホースで接続します。この際、安全対策としてホースブリッジ・安全標識を設置します。
  • 試験車よりポンプアイドリングにてゆっくり送水し、片側送水口から空気抜きを行います。
  • 送水口に圧力計を取り付けます。
  • 送水口から試験車にて徐々に送水し0.1MPa毎に漏水の有無を確認しながら設計送水圧力まで加圧します。
  • 所定の圧力に達したら3分間圧力を保持し減圧・漏水がないことを確認します。
  • 各弁類を適正な状態に復旧します。(送水口直近の仕切弁を開放することで一次側の圧力を抜きます)
5.放水試験

耐圧性能点検の過程で特に支障がないと判断された場合は送水口より規定圧力で送水し、屋上放水口等にて放水試験を実施できます。(任意・無料サービス)

「放水試験の意義」

  • 配管内の異物の混入等、不測の欠陥による放水消火活動の障害要因の予防になります。
  • 耐圧試験において減圧・漏水があった場合でも、放水機能に問題がないことを確認することにより当面の使用に耐え得る程度か否か善後策を講ずる際の資料になります。
  • 配管内に溜まった錆・汚れの洗浄になります。
6.現場サイドでの準備・手配
1.試験車両の停車スペース確保
試験車は送水口付近(ホースの届く範囲内/約30m)に配置します。あらかじめ駐車スペースを確保しておいてください。なおホースブリッジについては当方にて安全養生します。
2.設備図面等の資料の取揃え
試験時の不慮の事故の拡大防止、より適正な試験を実施する為に配管経路、弁類の有無、築年数等を把握できる図面等をご用意ください。
資料例:竣工時の設計図面、竣工時の消防用設備等着工又は設置届・・・等々
屋上・補助水槽・パイプシャフトの鍵の取り揃え

点検の際、屋上やパイプシャフト等へ立ち入ることがあります。また湿式配管の場合は消防用補助水槽内の目視確認をすることがあります。各々の経路を確保しておいてください。

消防ホースの耐圧点検と判定基準

点検時期

設置(製造年月)後10年を経過したもの
上記点検後、3年毎に実施

点検基準

ホースの端末部に充水し、耐圧試験機等により、所定の水圧を5分間かけて確認する。

判断基準

変形・損傷等がなく、ホース及び金具との接続部から著しい漏水がないこと。

※著しい漏水とは、噴水状の漏水又は継続する滴下が生じる状態を目安にすること。

消防ホースの点検手順

1.ホース耐圧の準備
  • 建物関係者(点検会社等を含む)立会いのもと、消火栓配置図等と照合し、設置位置等を把握、確認する。
  • 消火栓格納箱からホース結合金具部分を取り出し、ホース耐圧試験機にセットし、ホース使用圧まで徐々に加圧し漏水等異状の有無を確認する。

これを全ホースについて実施する。

試験結果と消防署への提出

連結送水管

  1. 一定の耐圧性能が確認されたものについては耐圧性能が打刻された「耐圧性能点検済」プレートを発行(送水口に貼付表示)します。
  2. 「連結送水管配管耐圧試験結果書」を作成、発行します。同結果書は、定期点検に際して作成する連結送水管点検表(別記様式第20号)の添付資料として消防署へ報告して下さい。

耐圧性能点検済証プレートのイメージ画像です

消防ホース耐圧

  1. 「耐圧性能点検済証」シールの発行(各格納箱内に貼付表示)します。
  2. 「消防ホース耐圧試験結果書」を作成、発行します。後日、法定の点検票に添付し、消防署へ提出して下さい。

耐圧性能点検済証プレートのイメージ画像です

関連サービス

  • 事前現地調査
  • 点検票の作成
  • 写真撮影
  • 消防提出
  • 不良箇所の調査・改修・修理
  • 消防ホースの販売

連結送水管耐圧性能点検水損内容、及び補償内訳

平成14年7月1日〜平成18年3月末現在

補償例1

発生日 地域 建築物 損害額 補償内訳、及び金額
H16年5月 東京都中央区 雑居ビル/湿式 120万円 ①歯科機器保障100万円
②1階天井20万円
事故概要 ①補助水槽で発生した赤錆が歯科機器に流入
②天井内水漏れ

補償例2

発生日 地域 建築物 損害額 補償内訳、及び金額
H16年7月 東京都豊島区 雑居ビル/湿式 650万円 書類汚損450万円、人件費80万円、その他10万面円
事故概要 改修時、連送と連結散水設備が交錯、接続ミスにより地下室浸水

補償例3

発生日 地域 建築物 損害額 補償内訳、及び金額
H17年3月 東京都台東区 料理店/乾式 10万円 什器類包装等弁償10万円
事故概要 水抜弁不明、地下更衣室にて漏水

耐圧性能点検へのお申込みはこちら     ご質問・資料請求のお問合せはこちら

ページトップへ

  • 連結送水管とは
  • 耐圧性能点検(10年経過建物)
  • 放水等試験(建物竣工時の試験)
  • お申込み(耐圧性能点検)
  • お申込み(放水等試験)
  • お申込み(申請書類作成)


こちらのサイトは
お客様の個人情報を
SSLにより暗号化しています